ディエゴ・エスカラ-ダは新コンセプトグラフィックノベルとしてコミック界のイノベーションであるエキスパンデッド・コミックスを開発した。アルゼンチン、ブエノスアイレス出身のイラストレーター、アートディレクターであり現在、広告アーティストとして活躍している。国際エージェントJ・W トンプソンやヤング&ルビカムにてストーリーボードイラストレーターとして18歳からこの世界に入る。その後、セブンス・センスを創立し、イラスト、デザイン、デジタルデザイン、フォトグラフィー、アートコンセプト、スカラプチャー、3D/CGIアート、2D/3Dアートなど多岐分野で才能を発揮する。参加キャンペーンは、マルティン・フィエーロ・デ・オロ、フィアップ 、シルクロ・デ・クレアティーボスなどで受賞した。エスカラ-ダ 氏は、 リュールツァー・アーカイブ選出ワールドワイド200ベスト・イラストレーターとして2009/10、2011/12に入り、さらに200ベスト・デジタル・アーティストに2013/14入った。

クライアントは、広告エージェント、テレビ局、出版社、デザインスタジオ、映画制作会社など各社ある。例えば、サアチ&サアチ、TBWA、レオ・バーネット、MTV・ネットワーク、テレフェ、イデアス・デル・スル、HBO、アディダス、ノブレサ・ピカルド、コカコーラ、スタンダード・バンク、ダノンなどである。

 2008年にはセブンス・センスの資金提供により、これまでの経験を生かしてエキスパンデッド・コミックスを発明した。エキスパンデッド・コミックスのコンセプトは新コミックノベルとしてダーク・パルサーを発表し、これまでのアート、イラストレーター、フォトグラフィー、デザイン、スカラプチャー、ミュージック、2D/3Dアニメーションを集大成させた。

2015年、7年の歳月を経て、 エキスパンデッド・コミックス はApp Storeストアにてイノベーションアプリケーションとして配布するに至る。IOSに未だかつてないもので、コミックスと映画の間に入る新スタイルのコミックス鑑賞スタイルをプレゼンテーションすることを可能にした。ディエゴ・エスカラ-ダはアーティストとして自分の限界に挑戦し、新しい境地を開いて行く。アーティストとしてのエクスペリエンスとヒューマンリレーションを追求し、道を切り開いて行くのをモットーとしている。

escalada
escalada escalada